天門瞑想

瞑想がブームになっていますが、簡単にできる
天門瞑想の紹介をいたします。

《天門瞑想》
頭の上に物を乗せてその重みに集中する瞑想です。
「天門」とは、頭頂部にある気エネルギーの通路のことで、大天門と小天門があります。
東洋医学では大天門のことを百会のツボとも言います。
瞑想のポイントは「集中!」
そして、自分を感じること、自分を意識することです。
脳は同時に複数のことができません。
自分を感じて意識すると、あらるゆ考えが遮断されます。
天門瞑想は、物を乗せるのでそれを落とさないように全神経が頭の上に集中して意識が自分の体にとどまり、
考えや感情が減り、集中力が高まります。
また、集中力を高めるポイントは脳を感じることです。
脳は誰にもありますが、脳を感じたことのある人は少ないと思います。
天門瞑想をすると、脳に変化が起こります。
頭に物を乗せた瞬間に脳の感覚が目覚めます。
そして、頭の上に乗せた物の重みを感じていると心がすーっと落ち着いてきます。

スタジオでもトレーニングで、瞑想を行っています。
気軽に、だれでもできる瞑想です。

スタジオで一緒にしてみましょう。お待ちしています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

穏やかで温かい「和」のヨガ教室、イルチブレインヨガ一社スタジオでお待ちしています

イルチブレインヨガ一社スタジオは、全体的に「和」の雰囲気。スタジオに入るだけで、なんだかほっとします。駅から徒歩2分、バスもあり交通の便はとても良いです。住宅街の中にあるので、車で通われる方も多く、駐車場は4台分ご用意しています。

現在、通われている会員さんは、日中は主婦の方が多く、夜は会社員の方が多いですね。会員さん同士も仲が良く、とてもアットホームな雰囲気。ヒーリングの輪が広がるスタジオです。地域住民の皆様の健康に貢献できるイルチブレインヨガ一社スタジオでありたいと思っています。
皆様のお越しを心よりお待ちしています。